技術訓練

海洋温熱士は定期的に技能訓練を受けて、技術面の向上をはかっています。
技としての技術面だけでなく、安全面の視点でも技術をチェックしています。
複数の視点でチェックし安全面への意識を高めつづけるよう努めています。

適切に行えば、非常に効能の優れた民間療法である海洋温熱を、より安全で有効なものにできるよう、工夫し努めています。

安全講習

定期的な安全講習講義では、いくつもの項目にわたり、安全面のとりくみについて治療分野と福祉分野の国家資格者たちから学んでいます。

たとえば、以下のような内容について学びます。
○衛生管理について
○身体のメカニズムとリスクのあるケースについて
○道具のとりあつかい
○空間の管理について
○アロマオイルのリスクについて
○ウィルス対策について
○免疫機能について
○問診の重要性
○アルコール摂取について
○妊婦さんについて
他多岐にわたる項目について、学びます。
医師法・薬事法などを遵守しつつ、民間療法の可能性を狭めないようにバランスをとりながら対応しています。

問診

問診は、受ける方の希望をお伺いする機会であり、自身の身体に意識を向けていただく時間でもありますが、同時に安全に施術を受けていただくための確認事項を徹底するための時間でもあります。

自然の摂理に沿った療法ですので、比較的安全性の高い施術ではありますが、既往症だけでなく、その日の体調もお伺いして、より安全で有効な施術を心がけています。

衛生面のとりくみ

環境や道具を清潔に保つことは常に意識しています。
1回1回施術を終える毎の清掃の徹底は、研修の中の重要な項目です。

タオルの管理は、竹墨のエキスを配合した殺菌力の高い洗剤を使用し美しく保ちます。

沸かした海水も1回の施術が終わるごとに交換し鍋もきれいに洗っています。
炎の力の殺菌力だけに頼らず、一回一回まっさらの海水・まっさらのタオル・完全にリセットした環境で、施術を行うということを徹底しています。
熱の力でリセットできない要素もありますので、必ず一回毎に交換や清掃で衛生面をクリアにしています。

施術のあとの清掃は研修の中でも実践し、徹底するよう意識を高めています。
ベッドや床など、直接肌に触れる場所などは特に丁寧に、ナチュラルな殺菌剤なども活用しつつ、拭き掃除をしています。

拭き掃除などの清掃作業の所作も、実はとても身体や意識の機能訓練になるので、楽しみながら行っています。

海洋温熱を受けていただけないケース

海洋温熱は熱刺激を伴いますので、一部の症状の方には念のため温熱以外の方法でセラピーを行っています。

以下の方は温熱療法の施術をお受けいただくことができません。
Oceans Thermo Therapyのセラピストは温熱以外のセラピーも可能ですので…ご相談の上、他のセラピーをご検討ください。
・妊娠中の方(妊娠が分かった時点で)
・手術後3ヶ月以内の方
(3ヶ月経過後であっても、症状によっては施術できない場合がございます。)
ペースメーカーを植込みされている方。
・著しく体力が低下している方。
さらに詳しくは、お問い合わせください。