身体の使い方

Oceans Thermo Therapy Laboratory(海洋温熱研究修練所)では、セラピストの養成をしています。技能面の訓練だけでなく、意識面、身体の使い方なども講習します。

身体の使い方は施術の質に大きく影響します。武術にも通じた講師の指導のもと、体感をし、施術に応用しながら勘どころを磨いていきます。

本日は、熱の入りやすい圧力をかける身体の使い方を、2パターン体験しました。関係するのは骨盤と仙骨。武術の相伝を施術に生かします。

正中線についても学びました。

知識だけで適切な施術はできません。

小手先ではない研修ですが、全てが施術にダイレクトに影響しますので、ベースのところの研究プロセスは外せません。意識して取り組めば、日頃の身体の使い方も、もちろん変化します。

常日頃の生き方にも手抜きができないセラピーです。だからこそ、セラピストも惰性ではなく成長していけます。

この時代に、逆行しているようですが、これは修行ではありません。耐え忍んで鍛えるものではなく、シンプルに在るという現代人には難しいけれど自然な在り様を体現していく研修でもあります。

力を抜くところは抜く、抜かないところは抜かない…そんなバランスも、いつの時代も必要だと思います。

関連記事

  1. 進化した海洋温熱士養成講座

  2. Oceans Thermo Therapy 品質

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。