心身の健康

心身共に

とはよく使う言葉です。
便宜上使うことも多々あります。

心も身体も常に変化するのが、生身の人間です。
その揺れ動いている心身をとらえている意識を明瞭化することは、心身をコントロールするより大切だと考えています。
コントロールはときに必要なこともあります。
例えば耐えきれない痛みなどのコントロール。
医療現場では必要なときもあるでしょう。
または衝動を抑えるコントロール。
社会生活を送る上で最低限のコントロールも必要なときはあります。

しかし、現代人の多くは、必要以上に自分をコントロールし、コントロールすることに人生を費やしていると言っても過言ではないかもしれません。
そこにエネルギーを割くことがどういうことかということはセラピーの際にもお伝えする機会はあると思いますが、少し触れたいと思います。

感情からの短絡的な行動は自分を生きづらくする結果になることもあるので、判断は必要かもしれませんが、その自分の感情すら押さえ込もうとすることが多いのではないでしょうか。

感情は人間の鼓動のようなもので、自然なものです。
それ自体を否定する必要はなく、適切に表現することは、むしろ生きやすくなるのではないでしょうか。
特に日本人の条件反射的に感情を押さえ込む思考のクセは、それこそ…心身の健康にとってプラスではないように感じています。

こう話すと…今度は、その感情を押さえ込む思考グセすら、コントロールしようとする真面目な面がある日本人。
シンプルになっていくのは少し時間がかかりますが、そのプロセスも楽しみながらいきましょう。

Oceans Thermo Therapy 海洋温熱 のよいところに、「思考をさしはさむ隙がない。」ということがあります。
セッションだけではキャッチできないインパクトを受けとることができるのが、セラピーに温熱をとりいれたひとつの理由です。

関連記事

  1. セラピストは生き方から

  2. 今の瞬間を体験しきる体験

  3. ストレスをシンプル化で手放す

  4. 海水の力を生かす

  5. 冷えと思考グセをリセット!

  6. 冷えは思考のクセからも起こる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。